高次情報形成学講座 生体情報発生分野
分子発生学分科

スタッフ

阿形 清和 教授

船山 典子 准教授

スタッフ(再生生物学特別講座)

柴田 典人 准教授

井上 武 助教

研究内容

研究テーマ: 発生現象が遺伝子プログラムとして理解されるようになったが、体の極性や位置情報を作る分子システムや器官形成のメカニズムについては多くの謎が残されている。ここでは、カイメンやプラナリアを使って、幹細胞からどのようにして器官や体を構築していくのか、体の極性や、位置情報を作る仕組みを解き明かす。また、脳をつくる遺伝子プログラムについてもプラナリアの脳遺伝子プログラムを解き明かし、それから進化の道筋に沿って、どのように遺伝子プログラムを改変しながら高度な情報処理を可能にした脳を進化させていったのかを理解する。再生と進化の謎解きの鍵を握る幹細胞の制御システムについてもプラナリアやカイメンを用いて分子レベルでの理解を深める。


a fig of research 阿形研究室で研究に用いている再生能力を持つ動物、プラナリア、イモリ、カイメン。各々の特性を生かした研究を進め、それらの成果から総合的に幹細胞の制御システムを考えるという姿勢を示している。