高次情報形成学講座 生体情報発生分野
分子発生学分科

スタッフ

船山 典子 准教授

スタッフ(白眉)

越川 滋行 特任助教

研究内容

研究テーマ: 3次元形態構築の形態形成機構、生物多様性、進化をキーワードに、カイメン、ショウジョウバエを用いた研究を行っている。動物の3次元外部形態を決定する骨格形成機構の理解は動物の形態形成原理、および生物多様性の理解に非常に重要である。私達は最も進化的に古い多細胞動物カイメンを用い、全く新規の形態形成メカニズム、即ち微細な骨片を細胞が運搬する、上皮に刺すなどと言う物理的な細胞作用を行うというローカルルールの繰り返しでその場その場の3次元形態にあった骨格が自然に構築される「自己組織化による骨格形成機構」を見出しており、この機構について分子・細胞・個体レベルでの階層を越えた解析を、イメージング、物理工学的な手法、また数理モデル構築など領域横断的に行っている。一方、私達が明らかにしてきたカイメン幹細胞の細胞システムの理解の上に、近年では幹細胞の起源的な分子基盤についてトランスクリプトーム等を用いた解析も行っている。

一方、動物の模様の形成原理と機能を明らかにするため、ショウジョウバエを材料にして研究を行っている。特に現在の中心的な課題は、ミズタマショウジョウバエの翅にある水玉模様がどのように形成されるかを明らかにすることである。遺伝学、発生生物学の実験手法と、次世代シーケンサー、ゲノム編集などの最新の技術を組み合わせて研究を進めている。


a fig of research