高次情報形成学講座 生体情報発生分野
分子発生学分科

スタッフ

川口 真也 教授

船山 典子 准教授

研究内容

研究テーマ: 私たちは、環境と動物の形作り、神経ネットワークの発達・進化をキーワードに、カイメンやマウスなどげっ歯類を用いた研究を行っています。動物の形作りを研究するのに、カイメン動物はユニークな対象です。まず、カイメン動物は多種多様な種特異的形態をもち、また動物でありながら植物のように同一種でも形態バリエーションが大きく(可塑的成長)、生息環境により異なる形態を示し(形態型可塑性)、さらに1受精卵から形態形成するだけでなく、数千個の多細胞から個体を形成する柔軟で優れた形態形成能を有します。一方、骨片(シリカ、または炭酸カルシウムから成る硬い物体)を3次元的に骨組みとして配置することがカイメンの形態形成の基盤となることから、良く知られた動物の形態形成メカニズムとは根本的に異なる原理がカイメンにはあるはずと私達は考え、独創的な着眼点と工夫により実際にそうした新規の形態形成機構を見出し、解析を進めています。

一方、動物における神経系の進化を考察する上で、神経系を獲得する前のカイメン動物と他の多細胞動物を細胞・分子機構の観点から比較することは面白いアプローチとなります。そこで、十分に複雑な神経系を獲得したげっ歯類を用いて、発達に応じて脳神経回路が形成・修飾される分子・細胞メカニズムについても研究しています。


a fig of research