京都大学化学研究所 バイオインフォマティクスセンター
理論分子生物学分科

スタッフ

緒方 博之 教授

五斗 進 准教授

ロマン・ブラン=マチュー 助教

研究内容

研究テーマ: 最新の大規模生命データを通して、分子から地球環境までの視点で、生命の多様性・生物機能の発現と進化を解明するための理論的・計算機科学的研究を行っています。現在進行中の研究は以下の3つです。

  1. 巨大ウイルスのゲノム解析
    近年、ゲノム長が300kbp〜2.7Mbp、粒子サイズもバクテリアの大きさに匹敵するウイルスが発見されています。「巨大ウイルス」と呼ばれ、これまでのウイルス概念を覆し、また第四の超生物界を形成している可能性も指摘されています。なぜ、これほ巨大なウイルスはいるのか?その進化の原動力は?彼らの自然界での役割は?こうした疑問に答えることを目指しています。
  2. 海洋微生物生態系
    国内外の研究者との協力により、様々な環境から微生物データを収集しています。その一つに海洋微生物プロジェクトTara Oceans があります。こうした大規模生命データから、生態系の多様性・種間相互作用・生態系と環境との相互作用を理解し、ウイルスも含め、微生物の自然界での役割を明らかにしたいと考えています。
  3. ゲノムから生命システムの機能と有用性を見いだす研究
    生命のはたらきは、遺伝子、タンパク質、低分子化合物、糖鎖など多種多様な分子が複雑に相互作用したネットワークとして実現されています。私たちは、このようなネットワークを解析するための情報技術と、実験的に確かめられた様々な知識をコンピューターで表現し利用するための技術を研究しています。具体的には、薬の副作用・代謝経路・マラリア原虫の免疫回避・マイクロRNAの機能と広範な生命現象を研究対象としています。


a fig of research研究成果はゲノム情報などのデータベースとともに実用化し、ゲノムネットを通じて国内外に発信しており、実験系・情報系のどちらからも広く利用されています