情報分子細胞学講座 細胞分子構成分野
構造生理学分科

スタッフ

杤尾 豪人 教授

土井 知子 准教授

関山 直孝 助教

研究内容

研究テーマ: (1) タンパク質の構造解析による細胞内シグナル伝達の機構解明、(2) 脳・神経などにおける膜を介する情報伝達機構の研究

  1. 細胞内で起きている様々なイベントは、タンパク質を始めとする多様な生体分子の働きによって営まれています。当研究室では、生体分子(タンパク質、核酸など)の原子分解能での構造決定や動的特性の解析を通して、細胞内シグナル伝達タンパク質による分子認識や翻訳後修飾の分子機構などを研究しています。手法としては、核磁気共鳴法(NMR)やX線結晶回折法を使った構造解析を中心に、各種の生化学的・細胞生物学的な実験手法を組み合わせて研究を進めます。また、NMRなどの分子分光学的測定法を細胞内のタンパク質に適用し、その構造を直接解析する方法の開発にも取り組んでいます。
  2. 細胞の情報伝達に関わる膜蛋白質の構造と機能について、分子レベルで深く理解することを目指して研究を進めています。G タンパク質共役型受容体であるエンドセリン受容体の構造解析およびG タンパク質との相互作用や二量体を中心とした機能の研究を動物細胞発現系、昆虫細胞発現系を軸に進めています。


a fig of research